シニアでも安心の格安スマホへの乗り換え 【もう高くない!】|シニアのIT知恵袋

シニアで携帯電話からスマートフォンへ乗換えたいが、躊躇している方は多いようです。理由は色々あると思いますが、費用で躊躇しているなら、迷わず格安SIMを使うことを勧めます。携帯電話の費用と同じ位になります。心配不要です。そのための指南をしたいと思います。

1.躊躇する理由

ドコモ、au、ソフトバンクに足を運び、携帯電話からスマートフォンへの乗換えを相談された方は多いと思います。乗換えなかったのは、費用がかなり高くなるためで、一旦は保留にされた方が多いようです。

シニアは若者程にはデータ通信を使いません。友人がLineを始めたので、自分もLineに入りたい程度のことです。だとしたら、今迄の2~3000円が、5~6000円になるのは躊躇してしまうでしょう。

参考までにドコモの料金プランを調べてみました。

ドコモスマートフォン ドコモ携帯電話
電話掛け放題(5分以内) 1,836 1,296
SPモード 324 324
データ通信(3GB) 2,700 540
合計(月々料金) 4,860 2,160

機器費用は別です。携帯電話では携帯メールを多少使っていた前提です。確かに倍です。躊躇するのも尤もです。

2.格安SIMとの費用比較

格安SIMの会社は多数ありますが、代表格のIIJで比較してみました。

ドコモスマートフォン IIJスマートフォン
電話掛け放題(5分以内) 1,836 1,652
SPモード 324
データ通信(3GB) 2,700 972
合計 4,860 2,624

如何でしょう? これなら、携帯電話と大して変わりません。データ通信(1GB)を選べる会社もあり、これだと携帯電話とほぼ同じです。

この比較表を見ていると、ドコモスマートフォンのデータ通信価格は明らかに高い。これは、電話料金が掛け放題などで収益貢献度が低くなり、データ通信に依存せざるを得なくなったからと思います。ドコモに限らず、auもソフトバンクもキャリアは皆同じです。

3.格安SIMのデメリット

価格がこんなに違うなら、キャリアは潰れてしまいそうですが。潰れないのは訳があります。以下に列挙します。

  • 格安SIMだと名前からして恥ずかしい。
  • キャリアの料金体系は複雑で、意識的に料金の高さをカモフラージュ。
  • 格安SIMは基本的に店舗は無い。ネット購入出来る人が対象。
  • 格安SIMは駆け込み寺が無い。自力で解決、相談する人が居ることが前提。
  • 朝、昼、晩(1時間程度)の混雑時はキャリアと比較し性能低下。

今現在は、恥ずかしいは別として、かなり改善されています。イオンの格安SIMはスーパーに窓口を設置しています。各社はネット情報を充実させ、不慣れな人でも分かり易い情報を提供しています。コールセンターも充実させています。そして、何よりスマートフォンの性能が向上し、不具合が出難くなっています。

通信速度も以下のような記事も出て、急速に改善されると思います。

格安スマホ「速度差別」禁止 総務省、携帯大手対象
総務省は大手携帯電話会社が回線を提供する格安スマートフォンの通信速度を遅くするなどの「差別」を禁じる。10月にも関係省令を改正する。格安携帯事業者の間では大手が系列ブランドやグループ会社の速度を優遇

4.格安SIMの購入方法

最初なので大手格安SIM会社からの購入を勧めます。どの会社かはご自身で判断頂きたいのですが、大手であれば機能、価格とも殆ど差が無いようです。以下に判断のポイントを列挙します。

  • 先ずは大手を前提にします。
  • ホームページを見て、分かり易いと感じた2~3社に絞る。全てが分かり難いと感じたら、格安SIMは諦めましょう。
  • 各社、年中キャンペーンをやってます。キャンペーンは考慮しても捕らわれ過ぎないように注意しましょう。
  • 比較表を作り、自分の価値観に合うところに決めます。
  • 結局、大した違いは無いので、最後は自分の感性で。
  • ITは飛び込まないと見えて来ない事が多数あります。ある程度は目を瞑りましょう。新しい世界が開けるはずです。
  • スマートフォン機器の購入は格安SIM会社からセット(パック)で購入すると安く買えることが多いです。どの機器が良いかは価格COMなどを参考に選びましょう。
価格.com - 格安スマホ - 端末・料金プランを徹底比較
【価格.com限定キャンペーン実施中!】最新格安スマホを徹底比較。端末本体やデータ量で料金プランを比較・検討し、通信料金を節約しましょう。格安スマホは安いだけでなく、大手携帯キャリアと同じ回線を利用するのでインターネットや通話の品質も安心です。

5.まとめ

格安SIM、格安スマートフォンも機が熟して来たように思います。

一方、自民党の管さんより、先日こんな発言もありました。

「携帯料金値下げ余地4割」 競争不在に国の失策(写真=共同)
菅義偉官房長官が21日に講演で「携帯電話料金は4割程度下げる余地がある」と発言したことが業界で波紋を広げている。ある大手携帯電話事業者(キャリア)の関係者は「4割の根拠がわからない。寝耳に水だが、基

これで、キャリアの価格も安くなりそうです。2~3年は掛かりそうですが、待つのも手だと思います。

質問等あれば遠慮無くどうぞ。お答えしたいと思います。