シニアにおすすめのノートパソコン・選び方【2019年7月更新版】|シニアのIT知恵袋

 パソコンが古くなって、新しいパソコンに買い替えたいと思っている方に向けた記事です。もちろん、初めての方でも構いませんが、パソコンを普段使っている方でないと、説明が分かり難いのではと思って、敢えて買い替えと書きました。

*前回の投稿(2019年6月)から、おすすめ機種を最新化しました。それ以外は分かり易く表現を手直し致しました。

1.パソコン選びの選択肢に何がある?

 シニアかどうかに関係無く、そもそもパソコンを選ぶときの主要な選択肢を以下に書きます。

  • ノートブックかデクストップか
  • サイズ(ディスプレイサイズ、重量)
  • CPUの性能
  • メモリサイズ
  • 内蔵ディスク装置(容量とハードディスクかSSDか)
  • 色、デザインなどの見た目
  • ブランド(メーカー)
  • 価格

こんなものだと思います。

2.選択肢毎にシニアへのおすすめは?

 主要な選択肢に沿って、シニアへのおすすめを書いてみます。

(1)ノートブックかデスクトップか

 シニアの方は、デスクトップをお使いの方が多いのではと思います。以前は、ノートブックがデスクトップより大分高額でした。今は、殆ど同じになりました。よって、スペース効率を考えると、ノートブックが良いと思います。ただし、一般的な使用を前提とします。大体、以下のような使われ方をイメージしています。

  • WORD、EXCELなどの文書作成
  • 家計簿、出納長など金銭管理
  • 年賀状作成
  • ネットサーフィン(検索など)
  • iTunesなどで楽曲管理
  • 写真データの保管、表示、印刷
  • ビデオ画像データの保管、再生
  • 知人、友人に上げるCD-R、DVD-Rを焼く
  • 印刷する

 これ以外の動画編集、3Dゲームなど、いかにもパソコン性能が必要なことをやる場合には、デスクトップが良い場合もあります。もっとも、このような方はご自身で判断出来ると思います。よって、一般的な利用であればノートブックがおすすめです。

(2)サイズ(ディスプレイ、重量)

 これも人其々ですが、ノートブックとは言え、移動させることが殆ど無いのであれば、大きいディスプレイの方が見やすいし、ある程度重量があっても良いと思います。まさに売れ筋もそうなっていて、15.6インチディスプレイ、重量2~3Kgはコストパフォーマンスが最も高く、とてもお買い得です。

 外に頻繁に持ち出すのであれば、12インチ、10インチ。重量も1Kgを切るものなどがありますが、やはり高額です。

(3)CPUの性能

 CPU性能はピンキリです。先に書いた、一般的な使い方であれば、ポピュラーなインテル Core i3,i5で十分と思います。

 ここ迄書いて、macにするか、windowsにするかの選択肢を忘れていることに気付きました。しかし、macを選ぶような方には、この記事は不要と思うので、ここではwindowsとします。それと、CPUの選択肢もインテル以外にAMDなどがありますが、インテル Core i3,i5相当であれば問題ありません。

(4)メモリサイズ

 4GBの標準装備が最も多いです。これで、良いと思います。2GBでは小さいので、4GB以上を選んで下さい。大きければ、それに越したことはありませんが、値段が高くなる割に、一般的な使い方では効果を感じにくいでしょう。

(5)内蔵ディスク装置

 最初に、ハードディスクか、SSD(メモリディスク)かの選択肢があります。違いは、SSDは高速なので処理速度が速くなります。これは使っていて違いが明らかに分かります。SSDも安くなったので、128~256GBのSSDをおすすめします。

 写真や動画を大量に保存し、128~256GBでは不足と言う方には、以下の選択肢があります。

  • SSDは諦めて、1TBの大容量ディスクにする
  • 128~256GBのSSDとし、足りない容量を外部ディスク装置を買い足す
  • 128~256GBのSSDとし、更に内蔵ディスク1TBを装備するパソコンにする

 以下はSSDとは何かを説明したサイトです。ご参考に。

(6)色、デザイン

 これは趣味でどうぞ。

(7)ブランド

 先ず、海外ブランドか、国産ブランドかがあります。どちらも、パソコン自身の性能、品質は殆ど変わりません。変わるのは以下2点です。

  • サポート体制が国産の方がやや手厚いです。
  • 価格は海外の方がやや安いです。

 昔はこの差が大きかったですが、今は、僅かの差です。国産も製造は海外なので、余り気にしなくて良いと思います。

 次にメーカーですが、こちらも上位メーカーであれば、どこを選んでも全く問題ありません。どのメーカーも、同程度のスペック製品を出しているので、色、デザインで決めても何ら問題ありません。

(8)価格

 (1)~(7)の選択肢に応じて、価格が決まります。シニアの方の一般的な使い方を考えると、5~8万円位が丁度良い価格帯です。次の章で、具体的な機種を紹介します。

3.おすすめの機種

 価格COMでおすすめの人気売れ筋ランキングを照会し、私がシニアへのおすすめ機種を独断で選んでコメントしました。(2019年7月14日時点の価格COMランキングより)

(時間が経つと、ランキングが変わるので、そこはご容赦下さい。)

(1位)Dell Vostro 15 3000(3581) ¥34,980
  発売が4月3日で、一気に急浮上しました。前回6月レポートでも1位推薦しました。そして、今回も継続して1位推薦です。価格COMでも1位です。この価格で、このスペックはちょっとびっくりです。但し、びっくりですが、6月推薦時は価格が¥34,980でしたが、今回は¥45,979になっていました。1万円の差は大きいです。それでも、安いですが、購入タイミングはチョット待った方が良いかも知れません。SSDも128GBあるし、CPUもCore i3だし、普通の使い方であれば、これで十分と思います。本当に安くなりました。
(2位)Lenovo ThinkPad E595 ¥64,800

 前回6月レポートでも2位推薦しました。理由は、256GBのSSDを装備し、メモリも8GBあります。SSDが128GBだと足りないと言う方にピッタリです。CPU性能も(1位)Dellより1段階上で、全般的に(1位)Dellを一回りアップさせた機種と言えます。当然、価格も一回りアップしています。二回りですね。価格変動は6月時点と変わっていませんでした。

(3位)HP Pavilion 15-cu1000 ¥74,952

 前回6月レポートでも3位推薦でした。6月時点の価格と全く同じでした。内容的には申し分ないですね。この機種の最大の特長は、128GBのSSD以外に1TBのハードディスクが内蔵されていることです。CPU性能も十分です。その他は先に書いたおすすめ条件にぴったりです。(1位)(2位)の機種ではディスク容量が足りないと言う方にお薦めです。

ざっと、価格COM上位から順に、シニアに良さそうな機種を選んでコメントしてみました。予算と好みで決めて良いと思います。6月から7月では、順位が全く変わっていません。そして、前回もコメントしたように、全て海外ブランドになってしまいました。やはり、お買い得感は海外ブランドの方が高いです。

 6月時点なら、考えることなく(1位)のDellを買ったと思います。理由は圧倒的なコストパフォーマンスです。しかし、今回7月時点で1万円アップしてしまいました。ちょっと考えますね。それでも、安いですね。暫く価格ウォッチして、安くなったらすかさず買うと思います。CPUはインテルCore i3だし、SSDも128GBあります。

 次に買うなら(2位)のLenovoですね。知る人ぞ知るThinkPadなので安心感があります。ThinkPadは元はIBMの商品でした。IBMがLenovoに売ったからです。SSDも256GB搭載しているし、CPUもインテルCore i5相当のAMDです。そして、思いのほか安いです。よって、やや余裕がある方はLenovoを買われると良いと思います。

 HP、Lenovo、Dellは世界1位、2位、3位のメーカーです。偶然にも、それぞれのメーカーから1台づつおすすめ機種が出ましたが、当然とも言えると結果だと思います。残念ながら、国産ブランドはありませんでした。もちろん、性能では負けていませんが、コストパフォーマンスで勝てなくなっています。参考までに、各メーカーの世界シェアについての記事があったので載せておきます。

4.まとめ

 パソコンは成熟商品で、価格もこなれています。感覚的には、一昔前の20万円クラスが5~8万円位で買える感じです。

 もっと安い機種もありますが、きっと遅いと感じると思います。遅くても処理には支障ありませんので、ガマン出来るなら、3~4万円でも問題はありません。と、昨年11月の初回投稿時に書きましたが、今回の(1位)Dellは4万円台でも、5~6万円台に匹敵する性能と思います。

 ノートパソコンは買ったら、最低でも5年位は使うことになると思います。自分の使い方を考えながら、自分の好みを加味して、じっくりご検討下さい。

質問があれば遠慮無く聞いて下さい。お答えしたいと思います。

投稿記事は以上ですが、興味を持たれた方は、私が開設したサイト(↓)も是非ご覧下さい。更に、興味を持たれると思います。

 

 

コメント

  1. […] すべて目をとおし、優先順位的にパソコンを比較できるようなサイト、「シニアのIT知恵袋」を […]

  2. […] すべて目をとおし、優先順位的にパソコンを比較できるようなサイト、「シニアのIT知恵袋」を参考にパソコン選びを進めていくことにしました。 […]