最近スマホの電池がすぐ無くなる【どうしたら良い?】|シニアのIT知恵袋

1年以上使っていると電池の持ちが悪くなって来ます。2年位すると、買い買えた方が良いのではと思うほど、電池持ちは悪くなります。

1.そもそもスマホの電池持ちはどの程度?

今のスマホはほぼ100%リチウム電池です。劣化の主要因は以下の3つです。

  • 充電と放電を繰り返す事による劣化(サイクル劣化)
  • 満充電、完全放電の状態を放置することによる劣化(保存劣化)
  • 高温、低温状態で使用する(温度劣化)

極端な使い方をしなければ、サイクル劣化がメインなので、大体は、500回位が寿命と言われています。つまり、500回位の充電を繰り返すと、電池持ちが5~8割位になるようです。丁度、1年から2年位とも符合します。幅があるのは、電池性能そのものの違い(安物は劣化も速い)と、使い方によるものです。

2.長持ちさせるためにはどうする?

もうお分かりのように、劣化の主要因を避けるように使います。

  • 充電回数を少なくするため、チョット減っただけで充電はしない
  • かと言って、完全に無くなるまで使わない、充電も寝るときに充電して朝まで満充電で放置することもしない(2~30%で充電し、100%近くになったら充電ストップ)
  • 極端に暑いところ、寒いところに置かない(車のダッシュボードに放置などしない)

さらに、

  • 充電中は使用しない
  • 充電中に熱くなるのを避けるため、カバーは外す

ちょっと疲れますが、長持ちさせようと思えばこう言うことです。

3.劣化が進んで耐えられなくなったら

2つしかありません。新しいスマホに買い替えするか、電池交換するかです。

(1)新しいスマホに買い替え

2年も使うと、電池寿命だけでなく、CPU性能も、メモリも、その他いろいろと不満が出てくることが多いと思います。電池寿命以外にも不満が多ければ、買い替えでしょう。これ以上の説明はありません。

(2)電池交換

CPU性能、メモリも不満は無く、電池が新品になるなら、後1~2年は使えると思うのであれば電池交換でしょう。

電池交換はスマホメーカーによっても、価格がバラバラで、中には電池パックを自分で取り外せるスマホもあります。電池パックも2~3000円からあるようです。これだと、買い替える前に取り敢えず、電池パックだけ新品にして、様子見ようとなります。

内蔵電池は修理交換となるので、チョット費用も高くなります。どの程度の費用が掛かるかを調べて見ました。

docomo、au、softbankのキャリアは電池交換を5~8000円位でやってくれます。その間は代替機を貸してくれますが、データは消えてしますので、注意です。必ず、バックアップを取りましょう。

キャリアで無い方、simフリー機を使ってる方は、それなりに分かっているでしょうから、simフリー機のメーカーに問い合わせて下さい。

参考までに、私はHuawei mate9を使っていて、価格表を見たら以下のように、7,000円でした。以外に高いですね。でも、今現在で不満も無いので、7,000円で1~2年使えると思えば安いものかも知れません。ただし、キャリアと違って代替機も無いので、全て自分で手当します。

ファーウェイ お客様サポート
ファーウェイお客様サポートでは、ファーウェイ製品に関する重要な情報や、サポート情報、お役立ち情報など、お客様のデジタルライフをより豊かに、より楽しく彩る情報を発信しています。

実を言うと、以前、mate7を使っていて、電池交換を自分でやった事があります。電池はaliexpressから送料込で10ドル位でした。問題は裏蓋をこじ開けるため、結構キズが付いてしまった事です。スマホもデザイン性が上がっており、流石に、mate9では自分でやる勇気がありません。

4.まとめ

日本のスマホも成熟期を迎え、毎年のように新機種に乗換えるような使い方はさすがに無くなって来たと思います。

だとすると、電池交換は検討に値する選択肢のひとつのような気がします。私のmate9は、2017年3月に買ったので、そろそろ、新機種か、電池交換かの判断をする時期に来ました。

年末年始に魅力的な新機種が出なければ、電池交換になるような気がしています。